忍者ブログ
インド学を学ぶ院生(だった人)が日々の出来事を書く日記です。ちなみに、インドに行ったことはありません。
312  311  310  309  308  307  306  305  304  303  299 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近或る曲が頭を巡っています。

即ち「不幸自慢」(椎名林檎『絶頂集』所収 2000年)

歌詞がね、強烈なんですよ。

強烈なのでとても引用できませんが

敢えて挙げるならこの一行。









ハッタリ噛ます余裕を脱モラに投じろよ











脱モラ。

脱モラトリアム。

ハッタリも時には大事ですが、ね。

「大風呂敷を広げましたね」という某先輩の言みたいです。

・・・私のことですか(;゜∀゜)ハッ

まぁいい。

許してください。










重大に扱うのは馬鹿馬鹿しい

重大に扱わねば危険である

・・・とは芥川の弁。










あらゆる方向からの宙吊りで足吊りそうです。

ちょっと、腕を引っ張らないで下さい。

そこ、もう少し引くなら引くで。

・・・そもそもやる気あります?

両手塞がってるんでシャーペン持てません。

地に足着いてないんでおちおち寝られません。











でも大丈夫。

こんなのアレに比べたら全然平気。










塩化ビニルで頑張ってください。

とりあえず、それ捨ててください。

「重大に」扱ってください。










迂回婉曲回避の攻防。

押し売りにも笑顔で対応。

若干どもりつ捨て身の応答。

「いや、だからえと、あ(」








意味無く韻を踏んでみる。









「戦う価値が無い」のはこちらも同じ。

いや、無いわけじゃない。

「戦わなきゃ、現実と」。

こんなことで体調崩してる場合じゃねー。











勉強に身が入らないのが一番辛い。

友人に見捨てられるのが同じく一番辛い。

一番以下切捨て容易用意。

優先順位の問題だ。











優先順位の問題か?













坂下で死んだ子猫はどうなったのか。

誰も彼も無視していたが。

あれを素通りするようになれるのか。

「情け」が要らぬ。

「情け」は要らぬ。












つまりは「月夜の晩に拾ったボタン」なのです。

解釈は自分勝手ですけど。










どうしてそれが。

ね。









――語尾・文体の不一致で-10/100点。
PR
candra_utataにコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする →
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
(03/01)
(03/01)
(09/28)
(09/03)
(09/01)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
candra_utata
性別:
女性
職業:
会社員
趣味:
音楽
自己紹介:
ただの会社員です。
古代インドに関する知識が無いと言えば嘘になりますが、あると言っても嘘になります。
バーコード
ブログ内検索
HOMEへ戻る
忍者ブログ | [PR]
shinobi.jp