忍者ブログ
インド学を学ぶ院生(だった人)が日々の出来事を書く日記です。ちなみに、インドに行ったことはありません。
236  235  234  233  232  231  230  229  228  227  226 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

学生が逃げられない現実

それは

卒 (;゜Д゜) 論

そうです。

まさに明日提出の卒論に

先輩方は夜を徹しての作業でして。

ひたすら文章を打ち込み続ける姿は

かっこいいというよりむしろ

恐怖です(;´Д`)ウワー








いや、先輩方は怖くないのですが

来年の今頃を考えると・・・

自分がこの大事業の決着を迫られていると思うと

数千字のレポートなど

マリオにおけるクリボー程度に思えます。







予習していると教授がいらっしゃいまして。

新年のご挨拶をした後

何気なくお決まりのご質問が。







先生「ところで、テーマ決まった?(*´、>`)」

私 「え、テーマですか(;´∀`)」

先生「般若経がどうとか言ってたけど。」

私 「いや、そうなんですけど。それよりも・・・」

先生「それよりも?」

私 「いやですね、それよりも・・・(;-_-)エート」

先生「それよりも?

私 「いや、そ・・えー」

先生「・・・・・・・・・・・・・・・・(*´、>`)・・・・・・・・・・・・・・」

そ れ よ り も ?





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そ れ (;´Д`)よ り も


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







この状況にしてこの緊張感。

まぶしい笑顔に後光が差すようだ。

それはまるで如来・・・

仏教学を極めて自ら仏陀に近付かれたということか。

私は頭部から目を反らし菩提樹の陰を想った・・・







       

私 「せ、西洋哲学との比較研究をorz」

先生「ふむ、なるほどね(*´、>`)デハ」

去っていかれる教授。

ああ・・・その背中は不動尊(+゜∀゜) ゴゴゴゴゴ

色々ほんとうにごめんなさい。







途轍もない波乱の予感。

一体生きて卒業できるのでしょうか・・・

先輩「で、今年卒論書けるの?」








orz

orz

orz

orz








この冬は寒くなりそうです。

ひじょーせんきゅーじょしてー(⊃Д`)。
PR
candra_utataにコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする →
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
(03/01)
(03/01)
(09/28)
(09/03)
(09/01)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
candra_utata
性別:
女性
職業:
会社員
趣味:
音楽
自己紹介:
ただの会社員です。
古代インドに関する知識が無いと言えば嘘になりますが、あると言っても嘘になります。
バーコード
ブログ内検索
HOMEへ戻る
忍者ブログ | [PR]
shinobi.jp