忍者ブログ
インド学を学ぶ院生(だった人)が日々の出来事を書く日記です。ちなみに、インドに行ったことはありません。
258  257  256  255  254  253  252  251  250  249  248 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

レポート一つ完成(ノ´∀`)ノ

あと2つになりました。

いやー頑張ればやれるものですね。

少し自信がつきました(*´ー`)







しかし

これで進級が決まったわけでもなく。

専門の演習にも十分出られていませんからね(;´Д`)

出席しないといけないとはいえ

予習にも手が付けられず。

今のままだと

テキストに没頭することも出来ません。

困ったものですよ。








病気もひどくなってきて

薬のせいで症状は悪化

西洋医学が対症療法であるということが

よく理解できます。

症状を抑えるために飲む薬で

別の症状に悩まされるなんて

まさにいたちごっこですよね。








薬学知識の豊富な友人は

をきちんと飲みさえすればよいと言いますが。

医者を信用するほかないにしろ

なかなか辛いものがありますね(;-_-)

精神力でどうにかなるのも

限界がありますよ。

社会に出てからが不安です。









このままだと

就職後もハンデを負うことになってしまうのです。

そりゃ各々何かしらあるのでしょうが

この類なら

きちんと説明しても「言い訳」と一蹴されるでしょう。

社会とはそういうものですから。

親の苦労も理解できます。








「きちんとした大人になって欲しい」

涙ながらの訴えは演技ではありません。

こんなことになって

親の心配とはどれほどでしょう。

ここまで支えてくれたのだから

ちゃんと安心させたいとは思うのですが。







ですが。








少し休ませて下さいと言うのは

わがままでしょうか。

たとえ一生病気を抱えることになっても

抑えることはできるのです。

このままでは

他人と同じ線上に並ぶこともできません。

それが許されないのなら

もはや仕方のないことですが。








過食症の場合は

見た目に健康な人が多いようです。

それゆえ黙って抱えるしかないのも事実であって

辛い思いも多いのです。

ましてや就職したら・・・

不安は尽きません(;´ー`)








それでも

やるべきことは多々あるわけで。

周りに心配を掛けないよう

しっかりしなければと思います。

課題が終了すれば少しはになれましょうし

症状が治まると思うのですが。

「が」。

逆説ばっかりですね(;´∀`)

明日も頑張ります。








テレビが・・・(⊃Д`)ノシ
PR
candra_utataにコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする →
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
(03/01)
(03/01)
(09/28)
(09/03)
(09/01)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
candra_utata
性別:
女性
職業:
会社員
趣味:
音楽
自己紹介:
ただの会社員です。
古代インドに関する知識が無いと言えば嘘になりますが、あると言っても嘘になります。
バーコード
ブログ内検索
HOMEへ戻る
忍者ブログ | [PR]
shinobi.jp